« サークル申し込み日記その2 | トップページ | m(-_-)mお疲れ様でした »

2009年10月30日 (金)

あの日の、ふたりを後悔せずに

私が日々巡回しているニュースサイトのタイトルに、よくゲームソングの歌詞の一節が使われていて、ちょっと懐かしかったり、聞き覚えだけあってイライラしたりと結構楽しいんですよね。なのでパクッてみました(堂々   

おはこんばんにちは、どせいです。

前回までのあらすじ・・・

心意気だけはリア充な友人(?)すんぷに連れられ、ついた先が下北沢。申込書を買う服がないと泣いて嫌がるどせいを尻目に、とうとう敵(?)のアジトの真ん前までたどり着いたのであった。

Dvc00004_3

この店で申込書が売っているようです」

「ハハ、ワロスwww  こんなオサレshopでコミケ申込書なんて売っているわけ無かろう

まだ、大学生協のほうが需要があるだろ」

Dvc00003_2

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

どうやら、しばらく見ないうちに下北もずいぶん毒されつつあるようです。

まあ、吉祥寺にアニメイトができるくらいですから、下北も負けていられないのでしょう。

店内にはオサレなレコードなんかに混じって歴代コミケカタログなんかがあって、異様な雰囲気を醸し出していました。新参の私にはイミのわからないものばかり。

その後、同じく下北沢にあるコミケット直営店に行き、オタク根性丸出しで同人誌あさりをして、下北沢を去ったのであった。

今度こそ

(完)

|

« サークル申し込み日記その2 | トップページ | m(-_-)mお疲れ様でした »

サークル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521574/43805525

この記事へのトラックバック一覧です: あの日の、ふたりを後悔せずに:

« サークル申し込み日記その2 | トップページ | m(-_-)mお疲れ様でした »