« みっくみくシンドローム緩やかに進行中・・・ | トップページ | 麻枝准&岸誠二トークイベント in Waseda~Way to[from] Angel Beats!~ に行ってきたので »

2010年11月 6日 (土)

早稲田祭「丹下桜のWasedaアラドーモ」に行ってきたので

Pb060568

2年ぶりに早稲田祭に行ってきました。
2年前の成瀬・櫻井トークショウは連れがいたので電車で参加しましたが今年は一人なので自転車で早稲田まで行ってみた。意外とアキバから近いのね。

今年のFMwasedaでは榊原ゆいにゃんとか生協の白石さんとかも出演されていたようでしすが、やはり一番人気は丹下桜さんのようで事前抽選アリ・ほとんど当日欠席者無しだったよう。
私はというと真ん中付近前から4列目という好位置をゲットできました。

では肝心の内容のついて簡単にまとめる。

・「みなさんはどこで丹下さんを知りましたか」という質問に対し、

     キルミン→ほぼ0
     「ラブプラス」凛子→パラパラと
     ときメモ→1/3くらい
     CCさくら→半分くらい

というオッサンばかりの会場でした。かくいう私もCCさくらで知った口ですが。

・丹下さんの初仕事は実写の敬語教材でOL役だったらし。声優なのに。

・ラブプラス3DSの収録はこの秋から始まってるらし。

・今回一番の収穫、

生はにゃーん、生ほえ~が聴けた!?あと生封印解除も
話を振ってくれたMCのひとGJ!!
これで「死ぬまでにやっておきたい○×個のこと」の一つが達成された。ありがたやありがたや。

というわけで1時間という短い時間の割に楽しめました。

今日のイベントで改めて感じた事ですが、僕にとっての「萌えの原体験」というか、一番最初の最初に魅かれた作品は何かと言ったら何度考えてもCCさくらなんですよね。

恐らく僕の個人的な歴史だけじゃなくて「日本における萌えの歴史」そのものにとってもCCさくらは大きなターニングポイントだったのではないかと。現在の美少女系作品はある意味少女漫画の拡大解釈といえるので(少なくとも私はそう理解している)、少女マンガでありながら多くの男性をも魅了したCCさくらは罪深き名作なんだなぁ、と思う。

丹下さんは本格的に活動を再開したようで、今後もこんな機会が増えたらいいなぁ。

あしたはだーまえトークショーに行ってきます。

|

« みっくみくシンドローム緩やかに進行中・・・ | トップページ | 麻枝准&岸誠二トークイベント in Waseda~Way to[from] Angel Beats!~ に行ってきたので »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521574/49955354

この記事へのトラックバック一覧です: 早稲田祭「丹下桜のWasedaアラドーモ」に行ってきたので:

« みっくみくシンドローム緩やかに進行中・・・ | トップページ | 麻枝准&岸誠二トークイベント in Waseda~Way to[from] Angel Beats!~ に行ってきたので »